【初心者必見!】TOEICリスニングを聞き取れない原因と対策法

こんにちは。ほりです。

ほりほり

TOEICのリスニングって難しいですよね。

試験時間も長いし、問題文も長くて読むの追いつかないし、音源は早すぎて聞き取れない。

あまりにも訳わからなさすぎて、リスニングを聞き取れるようになるためには具体的に何を勉強したらいいのかさっぱり!

と思うのも無理はありません。

今回は、そんなTOEICリスニングが聞き取れない悩みを抱えたあなたに向けての記事です。

この記事を読むとわかること
  • なぜTOEICリスニングが聞き取れないのか理由が論理的にわかる。
  • 聞き取れるようになるための勉強法がわかる。

それでは、よろしくお願いします。

TOEICリスニングが聞き取れない原因を解説

では早速TOEICリスニングが聞き取れない原因をまとめます。

TOEICリスニングを聞き取れない原因
  • TOEICに出てくる英単語を知らない
  • 中学レベルの基礎文法が身についてない
  • 問題文を先読みできていない
  • 会話中での英単語の正しい発音・アクセントを知らない

この4点について詳しく解説していきます。

TOEICに出てくる英単語を知らない

TOEICに出てくる英単語を知らない

これが初心者がTOEICリスニングができない一番の原因です。

なぜなら、知っているTOEIC頻出英単語や基礎的な英単語を知らないと、リスニングの内容のイメージすらわかないからです。

例えば、あなたがもし次の英文を今から訳してくださいと言われたらまず何をしますか?

「Office chairs are lined up in the conference room.」

 

まずあなたは、Office、Chairs、line up、などそれぞれの英単語の意味を確認すると思います。

そして、オフィス、椅子、並べられる、会議、部屋と意味がわかると

「オフィスの椅子が会議室に並べられているんだな」

とイメージすることができますよね。

つまり、英単語はリスニングの大まかな内容を追うためには必要不可欠なんです。

中学レベルの基礎文法が身についてない

次に、中学レベルの基礎文法が身についていないのも大きな原因です。

TOEICリスニングは中学や高校時代のリスニングと比べて、長いし話す声も早いです。

そのため、瞬時に文法の構造がわからないとついていけなくなってしまうんです。

特に、中学レベルの基礎的な文法は瞬時に文構造を理解するための必須知識です。これがしっかり理解できていないとTOEICリスニングは聞き取れません。

 

ちなみに多くの人は、TOEICの勉強を始めたとき中学レベルの基礎的な文法を軽視していきなりTOEIC対策本に手を出しがちですが、それは間違いです。

まずは中学レベルの基礎文法を確実に理解する必要があり、それができて初めてTOEIC対策本を使うべきなのです。

問題文を先読みできていない

問題文を先読みできていないというのも大きな原因です。

よく、「TOEICのリスニングって問題文を先に読んだほうがいいですか」と相談サイトで聞いている人がいますが、

間違いなく問題文は先読みすべきです。

なぜなら、問題文を先読みすることで内容を予想することができ、注意して聞くべきポイントが抑えられるからです。

リスニングで何をいっているか100%理解することはかなり難しいです。

しかし、注意して聞くべきポイントがわかっていれば100%理解する必要はないのでイージーモード化します。

なので問題文はできる限り先読みすべきです。

ただ、問題文を先読みするには問題文を早く読み理解する必要があります。

そこで必要になってくるのが、語彙力と中学生レベルの基礎文法知識です。

会話中での英単語の正しい発音・アクセントを知らない

これは、日本人の多くがあてはまるのではないでしょうか。

なぜなら、高校時代英単語の正しい発音・アクセントなどを授業でしっかり教えてくれる先生が少ないからです。

また、中学・高校だと正しく発音することがなぜかちょっと恥ずかしいみたいな雰囲気が授業中に流れたりするため、正しく発音することができなかったりします。

その結果、日本人は英単語の正しい発音・アクセントを知らない人が多いのです。

正しい発音・アクセントがわからないと、文章で書いてあれば読めるのにリスニングになると意味がわからないといった状態に陥ります。

たとえば、

「I want to be a doctor.」

という英文があったとすると、日本人の読み方だと

「アイ ウォント トゥ ビー ア ドクター」

と読む人が多いと思いますが、実際TOEICリスニングでは

「アイ ワナ ビー ア ダクター」

というように聞こえます。

発音がぜんぜん違いますよね。

だから、正しい発音・アクセントを知らないとリスニングを聞き取れなくて当然なのです。

初心者でもできるTOEICリスニングの勉強法

ここまでで、あなたがTOEICリスニングを聞き取れない原因がわかったと思います。

でも、

 

「わかったけど、じゃあどう勉強すればいいの?」

「英語にそもそも苦手意識があるから、初心者でも簡単に取り組める勉強法が知りたい」

 

と勉強法が知りたくなると思うので、初心者でもできるTOEICリスニング勉強法を紹介します。

実は、僕ももともと英語が大の苦手でした。最初に受けたTOEICリスニングは220点しか取れませんでした。

なので、あなたの気持ちがすごくよくわかります。

 

巷には、色々なTOEICリスニングの勉強法が溢れていますが、初心者にとっては取り組みづらい勉強法もあります。

例えば、英語に苦手意識があるのに効率的な勉強方法として、いきなりTOEICのリスニング音源を聞き流す方法を教えられてもきついと思いませんか?

おそらく、何を言っているかわからない状態が永遠と続くでしょう。

普通の人間であれば、その状態は苦痛でしかありません。3日と持たずに挫折するのが目に見えています。

自分にとってハードルが高い勉強法は、自分の自信を無くすだけなんです。

 

以上を踏まえて、僕がTOEICリスニングで220点しか取れなかったとき、最初にやっていたリスニング勉強法をお教えしようと思います。

この方法は、英語が全然できなくて英語に苦手意識があった僕でも続けられた方法です。

 

最終的は僕は、リスニングで420点を取ることができたのですが、最初にやっていたこのリスニング勉強法はそれを成し遂げるための重要な基盤となりました。

なので、参考にしていただけたらと思います。

では、その方法は以下の通りです。

「英単語+日本語訳」がセットで聞けるTOEIC単語帳の音源を毎日聞く

これが正直TOEICリスニング力に直結して、かつ簡単に取り組める一番の方法です。

この勉強のポイントは4つです。

ポイント
  • 単語帳を開かなくても気軽にどこでも勉強できる
  • TOEICに特化した語彙力を養える
  • 正しい発音・アクセントを学べる
  • 毎日聞き続けることで、英語に慣れる

単語帳を開かなくても気軽にどこでも勉強できる

英単語と日本語訳がセットで聞ける音源が付いた単語帳を選ぶことで、単語帳を開く必要がありません。

単語帳を開くのって実は結構面倒くさいです。持ち歩かないといけないですしね。すき間時間を活用することが難しいので、家に帰って机に座ってからやろうとか考えて、やらなくなるのです。

しかし、この勉強法であればスマホに音源さえいれておけばいつでもどこでも聞くことができます。

通勤・通学時間であったり、休憩時間であったり、家事をしている時間であったりすき間時間を有効活用することができるので最強なんです。

TOEICに特化した語彙力を養える

また、TOEICに特化した語彙力を養えるので効率的に語彙力をつけることができます。

TOEICリスニングではビジネスシーンで使われる単語がよくでてくるという特徴があります。

そのため大学受験で使うような単語帳は不向きで、TOEICに特化したTOEIC用の単語帳を使うべきなのです。

正しい発音・アクセントを学べる

そして、正しい発音・アクセントを学ぶことができます。

ただ単語帳を開いてみるだけでは、その単語の発音を理解するのは難しいです。

確かに、発音記号を理解できれば単語帳を読むだけでもいいのですが、初心者には厳しいです。

やっぱり生の発音・アクセントを聞くに限ります。そして、音源にあわせて一緒に発音してみるとさらに効果的に学ぶことができるのでオススメです。

毎日聞き続けることで、英語に慣れる

そしてこの勉強法は毎日続けやすいというのもポイントです。

音源を聞き流すだけで学習ができるので、勉強のハードルはとても低いです。

毎日少しでもいいから音源を聞いてみてください。1ヶ月も続ければあなたはかなりの英単語を覚えることができるし英語に耳が慣れているはずです。

それは僕が保証します。英語は継続して毎日少しでもいいから聞くことが大事なのです。確実に耳が変わりますよ。

効果は確実にスコアに現れてくる

ここまでで初心者でもできるTOEIC勉強法について説明しましたが、どれくらい続ければ効果がでるのか気になりませんか?

僕の経験でお話しすると、

単語帳の音源を1ヶ月毎日1時間は聞き続けることで、TOEICリスニングの点数を220点から305点まで、1ヶ月で85点上げることができました。

僕はその1ヶ月で単語帳以外で何も勉強せず、この勉強法を続けました。

なので僕は自信をもってオススメします。

TOEICリスニングはきちんと対策すれば聞こえるようになる

最後にもう一度TOEICリスニングが聞こえない原因を以下にまとめます。

TOEICリスニングを聞き取れない原因
  • TOEICに出てくる英単語を知らない
  • 中学レベルの基礎文法が身についてない
  • 問題文を先読みできていない
  • 会話中での英単語の正しい発音・アクセントを知らない

この4つの原因を理解してそれぞれを対策することで、あなたのTOEICリスニングのスコアは確実に上がっていきます。

そして、僕がオススメした初心者でもできるTOEICリスニング勉強法もぜひ参考にしてみてください。

 

僕のブログではTOEICや勉強に関する有益な情報を発信しているので、ほかの記事もチェックしてみてくださいね。

それでは今回はこの辺で。