【失敗から学ぼう】TOEIC初心者が陥りがちな失敗する7つの勉強法

こんにちは。ほりです。

ネットでTOEICの勉強法を調べるとたくさん出てきますよね。でも、その情報って成功例しか書かれていないことが多いです。

僕は、もちろん成功例を学ぶことも大事だと思っていますが、それと同じくらい失敗例からも学ぶべきだと考えています。

なぜなら、失敗例を学ぶことで思わぬ落とし穴に気づくことができるし、さらに成功例の本質を見抜くことができるようになるからです。

ほりほり

僕は昔全然英語できなかったのでわかるんですけど、英語できない人って間違った勉強しちゃってるパターンが多いです。

ということで今回は、TOEIC初心者がやりがちな失敗する勉強法を解説していきます。

この記事を読めばわかること
  • TOEIC初心者がやりがちな失敗する勉強法がわかる
  • TOEICで高スコアを取るために最も重要視すべきことがわかる

それではよろしくお願いします。

TOEIC初心者が陥りがちな失敗する7つの勉強法

それでは、TOEIC初心者が陥りがちな失敗する7つの勉強法を以下にまとめます。

  1. 英単語を書いて覚えようとする
  2. 参考書を一回で完璧に覚えようとする
  3. 参考書をたくさん購入してあれこれ手をつける
  4. いきなり公式問題集から始める
  5. 単語帳だけひたすらやり続ける
  6. 映画・ドラマでTOEICを勉強しようとする
  7. 休日にまとまった時間を確保して勉強しようとする

それでは以下で詳しく解説していきます。

英単語を書いて覚えようとする

英単語を書いて覚えようとするのは、やめたほうがいいです。

理由は、TOEICは「聞く」「読む」の力を問われるテストで「書く」力は問われないからです。

TOEICでは英単語の意味と発音だけ分かればよくて、英単語のスペルを正確に書ける必要はないんです。

でももしかしたらあなたはこう思うかもしれません。

少年少年

高校時代まで自分は英単語を覚えるとき書いて覚えてきたから、書かないと覚えられない

実は、昔は僕も書かないと覚えられないと思っていました。

ほりほり

でも実は書かなくても英単語を覚えることができることに僕は気がついたんです。

 

それは、何度も繰り返し単語帳を読み返すという方法です。

 

そもそもなんで書かないと覚えられないかというと、何回も繰り返し書いてその単語を頭にインプットするためです。

でもその何回も書くという作業は、実は何回も読むという作業で置き換えることができるんです。

よく周りにいませんでしたか?一週間で英単語を何百個覚えたとか言っている人。

僕はとても不思議でした。書いて覚えようとしたら一週間で何百もの単語を覚えられるはずがないのになんで?って。

でも今だとその理由がわかります。

その人は、英単語を繰り返し読むことで覚えていたんだと。読んで覚えるほうが圧倒的に効率的です。

TOEICは特にスペルを完璧に覚える必要がないので、あなたもぜひ英単語は、繰り返し読むことで覚えましょう。

参考書を一回で完璧に覚えようとする

次に、初心者がやりがちな失敗が参考書を一回で完璧に覚えようとすることです。

一回で参考書の内容を完璧に覚えようとすると間違いなく挫折するのでやめたほうがいいです。

例えば以下のようなことが起きます。

ある日あなたが英文法のページを勉強したとします。その日に一通り読んで頭にすべてインプットしようと頑張りました。

でも次の日、その英文法のページを読み返すと全然理解できていなくてモチベーションが下がる。

こんな感じで人は挫折します。

 

確かに世の中には、一度読んだだけで内容をすべて理解できる天才もいますがほんの一握りです。

一回ですべてインプットして完璧に覚えようとするのは、普通の人間には無理です。

多くの人は、何回か繰り返さないと覚えることはできません。その何回繰り返す必要があるかはその人によります。

だからまず自分は何回繰り返す必要があるのか把握しましょう。

ほりほり

ちなみに僕は7回くらい繰り返し読むことで内容を覚えることができるという感じでした。

なのであなたも繰り返し読むことで、理解していくんだという考え方で参考書を取り組みましょう。

参考書をたくさん購入してあれこれ手をつける

次の失敗する勉強法は、参考書をたくさん購入してあれこれ手をつけることです。

これも、結局全部やりきることができず中途半端になり挫折してしまいます。

書店とか行くとTOEIC関連の書籍がたくさんありますから、ついつい手にとって購入してしまう気持ちはわかります。

参考書を買うと謎にやる気が出てモチベーションが高まったりしますからね。

でもいくら参考書を買おうが、あなたがTOEICの勉強に費やせる時間は増えません。

限られた勉強時間しかない中であれこれ手をつけるのは時間を無駄にするリスクがあります。

なのでネットや書店、周りの人の意見を参考にして参考書を吟味して購入は必要最小限にしましょう。

そして選び抜いた参考書をやり切ったほうが効率的です。

いきなり公式問題集を始める

TOEIC初心者がいきなり公式問題集から手を付けると失敗します。

理由は、公式問題集はTOEICの問題形式に徹底的に慣れるために使用するべきだからです。

TOEIC初心者は、そもそも基礎知識(英単語力、英文法力)がグラグラです。

その状態でTOEICの問題形式に慣れようしたところで、効果は薄いです。

スポーツに例えるならば、公式問題集は練習試合です。

練習試合だけをやっていても強くなれないですよね。

強くなるには、まずは日々の地道な基礎練習を積むことで体力であったり型を覚えますよね。

TOEICも同じで、公式問題集は練習試合なのでそれまでに基礎練習(英単語力、英文法力)を積み重ねる必要があるということです。

よくネットでは、公式問題集をやれば点数が簡単にアップすると謳っている記事がありますが、TOEIC初心者にとってはそれは間違いです。

まずは、英語基礎能力を確実につけていきましょう。

単語帳だけひたすらやり続ける

次にTOEIC初心者に多いひたすら単語帳だけをやり続けるのも失敗する勉強法です。

理由は、単語帳だけだとTOEICの問題形式に慣れることができないからです。

よく英単語は大事だとか、英単語を覚えればなんとなく英文の意味がつかめるからとりあえず英単語を覚えたほうがいいと言われたりします。

確かにそれはとても大事だし僕も賛成します。

しかし、それだけではTOEICのスコアを爆発的に上げることはできません。

先ほどの公式問題集のところでも話しましたが、英単語は基礎練習です。

TOEIC本番(つまり公式戦)で結果を出すためには、公式問題集(つまり練習試合)にも取り組み実践形式の問題演習もこなす必要があります。

映画・ドラマでTOEICを勉強しようとする

次に英語の映画やドラマなどを活用して英語に触れる機会を作りTOEICの勉強にあてようというものです。

これもTOEICのスコアにはなかなか効果が表れず失敗します。

理由は、TOEICにはTOEICに特化した英単語や英文法、問題形式に慣れることが大事なのに、映画やドラマではそれを満遍なく学ぶのは不可能であるからです。

映画やドラマはただ英語を聞けるという点でしかTOEICと共通点はありません。

TOEIC学習のモチベを上げる一環として英語の映画やドラマを見るのはいいと思います。

ただ、映画やドラマだけでTOEICの勉強をしているつもりだとしたらそれは大間違いです。

休日にまとまった時間を確保して勉強しようとする

最後の失敗する勉強法は、休日にまとまった時間を確保してTOEICを勉強しようとすることです。

少年少年

え、これって別によくない?何がいけないの?

こうあなたは思ったかもしれません。

しかし、これは一つ大事なことを見失っているんです。

それは、休日にまとめて学習しようとすると繰り返し覚える学習ができない。つまり英単語を忘れてしまったり、参考書の内容を覚えられなくなってしまうからです。

英語は、繰り返し読むことで記憶に定着していきます。

これが、もし平日は勉強せず休日に時間をたっぷりとって勉強した場合どうなるか?

確かに、その休日の間何回も復習すればその日のうちに知識を記憶することができるかもしれません。

しかし、人間の脳は日々いろんな情報を処理しているので不必要な情報はどんどん忘れていきます。

そして一週間後おそらく先週完璧にインプットしていたはずの知識の何割かは頭から抜けてしまっているでしょう。

だからこそTOEICの勉強は休日だけでまとめてやるのではなく、毎日少しでもいいから時間をとって繰り返し覚える勉強をするべきなのです。

TOEICの勉強で失敗しないために最も意識するべきこと

ここまでTOEIC初心者が陥りがちな失敗する勉強法を解説していきました。

色々話しましたが、僕が考えるTOEICの勉強で失敗しないために最も意識すべきことをお話しします。

 

それは、「繰り返し学習」です。

 

これを意識した勉強を行うことがTOEICで高スコアを取るためには欠かせないと僕は考えます。

TOEICはTOEIC頻出の単語と英文法を暗記して、さらに問題形式に慣れることで確実に高スコアを取れます。

だからこそ、「繰り返し」英単語・英文法を覚えて暗記し、「繰り返し」公式問題集に取り組み問題形式に慣れることが大事なんです。

ぜひ「繰り返し学習」を意識してください。

まとめ

最後に今回話してきたことをまとめます。

以下にTOEIC初心者が陥りがちな失敗する7つの勉強法をまとめます。

  1. 英単語を書いて覚えようとする
  2. 参考書を一回で完璧に覚えようとする
  3. 参考書をたくさん購入してあれこれ手をつける
  4. いきなり公式問題集から始める
  5. 単語帳だけひたすらやり続ける
  6. 映画・ドラマでTOEICを勉強しようとする
  7. 休日にまとまった時間を確保して勉強しようとする

この7つの勉強法は誰もがやりがちなことだと思うので、これを反面教師にして普段のTOEIC学習に活かしてもらえたら幸いです。

僕のブログではTOEICに関する有益な情報を随時発信中です。よかったら他の記事も読んでみてください。

それでは今回はこの辺で。